新着情報 商品情報 加盟店情報 メガネ情報 目と耳の情報 EMG情報
     
   
   





加盟店専用ページ
ログインボタン
★ログインボタンをクリックし、ユーザ名とパスワードを入力して下さい。
★DMハガキ裏面の画像をダウンロードできます。


眼の情報
眼の構造
視力の正常値
屈折異常
老視
裸眼視力と矯正視力
両眼視
フィッティングの重要性
眼に良い食べ物
VDT症候群
遠近両用レンズの仕組
用途で選ぶ遠近両用メガネ
プラスチックレンズ@
プラスチックレンズA
メガネの日
シニア・アイ・レンズ選び・近視
シニア・アイ・レンズ選び・遠視・正視
シニア・アイ・チェックアップ
目の話
目のストレッチ
最初のメガネ
視力検査の1.0って?
レンズ豆とレンズ
サングラスの選び方
ルーペと老眼鏡の違い

耳の情報
聴こえのしくみ
両耳装用のおすすめ

メッセージ
ご意見・ご感想

    こちらからでもジャンプできます。
     
 
老視


  老視(老眼)とは、年齢と共に水晶体の調節力(屈折能力)が衰え、近くのものが見えにくくなった状態をいいます。
  新聞や雑誌を読む時、またパソコンを使用して作業をする時など近くの物を見るときに強い調節力を必要とします。若いうちはこの調節力が働いて抵抗をかんじませんが、老視になると目を遠ざけて焦点を合わせようとしなければ見ることが難しくなります。老視は40代頃から始まり、60才頃まで進行するといわれ、始まる時期や期間には個人差はありますが、誰もが経験することです。
  老視になった場合、老眼鏡を使用します。老眼鏡は凸レンズで、水晶体の屈折を助けて網膜にピントを合わせます。老視は60才頃まで進行しますから、60才頃まではメガネの度をしだいに強くしてゆく必要があります。

 
     





--EMG--記載内容、画像の無断使用は固くお断りいたします。--EMG--